溺れる(少しネタバレ)

先週の水曜日、溺れるナイフを見ました。

大友くんを演じた重岡大毅くんがとても素晴らしかったです。

夏芽役をやった小松菜奈さんも、コウ役をやった菅田将暉さんも、カナ役をやった上白石萌音さんも素晴らしかったけど、重岡担なのもあってやっぱり重岡大毅くんすごいなって。

あれをほぼ素でやったって雑誌などで見てほんと驚いてます。

 

大友くんがシゲちゃんで良かった。原作は1話しか知らないけど*1、いろんなところで話を聞く限りシゲちゃんのあの笑顔は大友くんにぴったりだったんだろうなって。

シゲちゃんの笑顔は人を明るい気持ちにさせてくれる。だからこそ、シゲちゃんは大友くんやったんやなって。

 

話が進むにつれて怖いし泣きそうなってるししんどいし、大友くんがいかに清涼剤なのか、心臓がキュってなりました。

 

大友くん報われなさすぎませんか。なのに夏芽のこと思って送り出してあげる。精神が強すぎる。カラオケのシーンなんて大泣きしました。いつもなら笑う「オラ東京さ行くだ」も今聴いたら泣くとおもいます。 

 

なんだかんだ椿のシーンが一番綺麗だなって。あのシーンがやっぱり印象のこるよなーって。

綺麗だった。三人とも綺麗だった。

 

なんかまとまらないけど上手く言える言葉も見つからないのでこれで終わりにします。

この映画は私は見てよかったって思ってます。

*1:

 

ダ・ヴィンチ 2016年12月号

ダ・ヴィンチ 2016年12月号

 

 NACS目当てで買ったこれに載ってた