読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

きっかけ

ジャニーズWEST TEAM NACS ジャニーズ
ジャニーズWESTのおかげで世界が広がってる。
なぜジャニーズWESTにハマったのか自分でも謎なので振り返ってみようと思う。記憶が曖昧なので時系列やら事実だったのかわからない部分があるが無視していく。

(前の記事は自己紹介なので敬語だったがこれからは無しでいく。)

あれはジャニーズWESTがデビューした頃、私は高校3年だった。

(歳がばれてしまう…!)

高校時代、私はTEAM NACSという北海道のおじさん達にお熱であった。(この人たちについてはまたの機会に語る。)おじさんかっこいい演技すごい。え?オナラ?残念?好きだよそういうの、ほんまに。そして立派な藩士に子残念子ハンサム子NACSになっていた。

と、まぁ北海道に住みたいって言うほどにはお熱だった。そんな私にジャニオタの友人が出来た。その友人が元凶である。ありがとう。

友人(仮にKとする)がジャニーズWESTを、桐山照史を勧めてきた。あっくんかっこいいよ!と。
その時の私の知識は
  • 淳太くん、照史さん→ごくせん
  • 濱ちゃん→どっかで見た
  • シゲちゃん→あほすき出てる人
  • 神ちゃん、流星、のんちゃん→知らない
だった。と言うよりちゃんと分かるのはB.A.D.の2人だけだった。
私はごくせんドラマを全部見ていたし特に3期をしっかり見て映画も行ったのでB.A.D.の2人は知っていた。ジャニーズかーすげーって冷めた感じだったが。(当時私は三浦春馬よりも淳太くんが(唇を除けば)かっこいいって思ってたようだ。)

Kが色んな動画やら雑誌の切り抜きやら見せてくれていたが塩対応する私。Kが1人で騒いで私はそれをニコニコ見守っている状態。

ある日Kの家に遊びに行って色んな動画を見せてもらった。少クラとかええじゃないかの特典DVDとか。

Break Outを見ている時
私「この人ハマるかも」
重岡大毅を指差し言った。

当時の私は受験生なんだ、ハマったらダメだ、これよりNACSを追っかけるんだ、他にも漫画やアニメがあるんだ、だめなんだ、と避けるようにした。KもJrの話が増えてきたのでそれもあり上手く触れないように出来ていたと思われる。
テレビで見れたら見る、というぐらいまでは抑えれていた。(この時点でハマっているような言い方である。)

そんな中、受験生をして趣味から離れつつあった時期
ごめんね青春!がはじまった。
1話を見て私はどこかで見た顔があることに気づく。
重岡大毅である。
高い声してるなーとかかわいい笑顔やなーとかそんな事を思いながら毎週重岡大毅のために見ていた、ごめんね青春!
これでも私はハマっていない。ジャニーズWESTにハマっていない。歌番組に出てたら見てたけどハマっていない。(今思うと茶の間の一歩手前じゃないか。)

なんだかんだでKも1回ジャニーズWESTをおりていて、話も聞かなくなり、私は完全に受験生になった。

私は受験が終わり某防衛部にハマった。(今度このアニメとの共通点を考えてみる。)
大学生になるとバイトができるドーナツ売りながらイベント遠征ひゃっほー!していた。ちなみにこの時は歌番組ですら見ていなかった。

大学生になり、9月でイベントも一段落し落ち着いてきた頃、家でたまたま妹がテレビを見ていた。なにかというと少年倶楽部である。
出てるじゃないか、ジャニーズWESTが。なぜ妹が見ていたかは分からないけど一緒に見てしまった。1人足りない…?となりつつ、流れで見ていた。

そこで再熱するかと思ったがしなかった。(シゲちゃん居なかったというのもあるけど)ほとんどソーシャルゲームのせいである。楽しい。あとバイト先の先輩が聖杯戦争しろー聖杯戦争しろー聖杯戦争の後の話しろーと言われてやって綺麗にハマったというのもある。

秋学期が始まる頃、私は諸々の事情で学校に行っていなかった。そんな中私を支えてくれた友人の1人にKがいる。
そのKはいつもの通りジャニオタしていた。(ちなみに東京のJrである。)

そんなある日LINEが送られてきた。
「一発めぇぇぇぇぇぇぇ!買った!」
私は興味があったのでKの家に行き見ることにした。

ジャニーズWESTすごい(語彙力の欠如)


私が(覚えてる限り)言った感想(語彙力なんてない)
「重岡くん素敵やな…!」
「ツインやばい」
「みんな仲良し」
「シゲかわいいね」
「のんちゃんとシゲのポップアップ」
「シゲかっこいい」

重岡担の誕生である。

重岡大毅すごい。ついに私を確実に重岡担にしたぞ。シゲちゃんかわいいかっこいいすごい。

これを機にええじゃないかなどのシングル(できるだけ初回)とアルバム(初回と通常)をほぼ全部、写真集、羊魂DVD、なにわ侍ハロー!TOKYO、なにわともあれほんまにありがとうを某密林のカートに入れていたのである。3万超えた。びっくりぽんやで。

勢いに任せポチッとな。Kにも沼の金の使い方だと言われた。知ってらぁ!

次の日から数日間荷物ラッシュだった。届く届く。全て揃う頃には私のベッドの一部がジャニーズWESTで埋まった。
CD聞いたり写真集見たりDVD見たりに大忙しな私。めっちゃ楽しいね。
いつの間にか赤色ジャス民だったはずが虹色ジャス民になっていた。いわゆる箱推しというやつである。
重岡担なんや私、とか言っていたら流星かっこいい流れ星〜かわいい〜となり、のんちゃんすごいかわいい面白い!からの、神ちゃん神ちゃんかっこいいかわいいハイスペック神ちゃんと言いだし、お淳太様…淳太くん…素敵…美人…などとほざき、濱ちゃんかわいい濱ちゃんかっこいいとなり、照史さんかっこええな…となっていた。でもなんだかんだシゲちゃんが1番である。重岡大毅すごいよ。

そして勢いに任せ友人Kと猿魂大阪最後の日にグッズ販参戦をしたのである。勢い大事。とても楽しかった。

これが私が完全にジャス民になる経緯である。勢いは大事。とても楽しい。